自律神経失調症には様々な症状がある|早めに治療しよう

男性

食事を改善しよう

夫婦

赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんは、人一倍便秘になりやすいといわれています。その最大の理由は、ホルモンのバランスが関係しています。妊娠すると、女性の体の機能は大きく変化します。それに伴い、ホルモンの分泌量や働きがうまく機能しないことが多いのです。妊娠すると、女性ホルモンの中でも特に黄体ホルモンというものが増加していきます。黄体ホルモンには、水分の吸収を活発にするという作用が見られるのです。そのため、排便をするのに必要な水分を十分に確保できなくなってしまいます。黄体ホルモンが増加すると、このように腸をスムーズに排出することができなくなることから、便秘に陥りやすいというわけなのです。そのほかにも、妊婦さんが便秘になりやすい理由はたくさんあります。子宮が大きくなっていることから腸を圧迫してしまう、運動不足などといったことが挙げられます。

妊婦さんの便秘を解消するには、日々の食生活を変えることから始めましょう。便秘解消に高い効果を発揮するのは、玄米を食べることです。玄米には、豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は腸の働きを良くしてくれる効果があるのです。食事を摂る際に玄米を食べることを心がけることで、排便をスムーズにすることができるでしょう。そのほか、オリゴ糖やヨーグルトなども便秘の高い効果を発揮します。普段の食事の味付けとしてオリゴ糖やヨーグルトを加えて食べるようにするといいでしょう。また、白湯を飲むことも便秘解消に繋がります。特に朝に飲むと効果が高く、水分補給もできて一石二鳥なのです。白湯は妊婦さんにとって最も効果の高い便秘解消法であるといえるでしょう。朝食を摂る際には、ぜひ白湯を一緒に飲むようにするといいです。